体が資本

ここ数ヶ月で、友達と会社の上司と親戚のおばさんが立て続けに入院してしまい、密かに自分の体も心配になってきました。

元気だと思っていても、ふとしたことで病気が分かって、そのまま気が萎えてしまい入院っていうパターンもないとは限りませんからね。

病は気からとよく言ったもので、大丈夫だと思っていれば大丈夫なものでも、「ひょっとしてダメかも」と思うとそうなってしまうものです。

メンタルが健康を左右するっていうのは、なんだか人間らしいとは思うのですが、実際に病気になったときのことを考えると感心ばかりもしれられないですからね。

一応、体温の低下がさまざまな病気をもたらすということはわかっているので、極力体が冷えないようにしています。

毎日お風呂につかるとか、カイロをハリまくるとか、靴下をちゃんと履くとか、へそまでの下着を選ぶとか。

寒い冬には腹巻きで出勤なんていうことも普通にやってます。っていうか定番スタイルです。

そこまでしても風邪をひいてしまうときもあるので、免疫力の低下というのは恐ろしいなと思うのです。

とりあえず、いつまでも健康でいたいので、体温アップのための食事も心がけています。

生姜をよく食べるとか、根菜を食べるとかですね。

まぁ、根菜は食べ過ぎると太るそうなので、注意が必要ですけど。

健康だけど太っているのは、私の美学に反するので、やっぱり見た目もキープしながら健康になりたいのです。

健康なら見た目もキレイじゃない?というかもしれませんが、ナイスバディで健康体っていうのが私のテーマなもので。

ジムにも通ってますし、有機野菜を食べるようにしてますし、タンパク質もしっかりとります。

運動してるので、糖質もとりますよ~。

だって、美味しいものを我慢するなんて、精神的に健康とは言えないですからね!

心身ともに健康なのが、やっぱりいちばんでしょ?